2008.09.26 Friday

愛犬のために

0
    犬や猫と”家族の一員”として一緒に暮らす人が増えてきています。
    そんな大事な家族ですが犬や猫にとって室内にストレスの原因がある場合も・・。

    犬や猫などは、通常のフローリングでは歩行時に滑りやすく、脱臼やヘルニアなどの危険を伴います。

    特に間接が成長する子供や高齢の場合は特に注意してあげてほしいです。





    そこで、「ワンラブフロア」
    家の中で小走りしても「ワンラブフロア」なら滑りにくく、しかも傷に強く、変色しにくい。

    その他(ペットにも、人にもやさしい)
    ・床暖房対応 ・ホットカーペット対応 ・水掛かりに強い ・抗菌
    ・耐キャスター性 ・車椅子対応 ・ワックス不要 ・低VOC


    ためしにウチのクロベーで試してみたところ、確かに通常のフロアでは滑ります(顔が必死になってた・・)

    じゃーワンラブフロア、ん〜すべりません!コレは良いかもしれないですね〜。

    愛犬家の皆さん、リフォームをお考えならば、このフロア採用をご検討してみてはいかがですか?



    2008.09.05 Friday

    新聞に掲載

    0
      8月23日(土)に行われた「親子木工教室」が新聞に掲載されました。
      70組200人もの人が着てくれたんですね〜すごいです。




      写真の主役で作業しているのは、ウチの岡野君です。
      子供の椅子とテーブルを作っているようです。

      掲載された新聞は常陽新聞・・・。
      常陽、新聞・・?聞いたことない・・。はは。
      2008.08.11 Monday

      珍しい写真が撮れました!

      0
        テレビとか図鑑とかでは見たことあったんですが、
        肉眼で見るのは初めてでした。

        セミの脱皮です。




        普通は朝方早くに脱皮するって聞いていたのに、こいつは
        8時くらいに脱皮してました。

        寝坊でもしたのかな?





        1時間たって微妙にだんだんと色が変わってきました。






        さらに2時間後。
        色もだいぶ茶色くなってきたし、
        そろそろ飛んでかないとお昼になっちゃうぞ〜。(ピンボケ・・)
        2008.06.25 Wednesday

        載りました

        0
          地元の情報誌に

          いしげの商工業(人と技術)と言うコーナーに、うちの開業・設立・現在までの事、仕事に対する考え方、などなど紹介されました。



          同町内の方は是非見てみてくださ〜い。
          2008.06.13 Friday

          住宅用火災警報器

          0
            各市町村条例により住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。

            新築は平成18年6月1日から始まっていますが、
            既存の建物にも平成20年5月31日〜平成23年5月31日までに設置が必要です。

            平成20年6月から(つくば市など)
            平成21年6月から(水海道・守谷・つくばみらい市など)
            平成23年6月から(石下・下妻・八千代・坂東市など)


            いろいろ変な法律や無駄じゃないかと思うような法律改正が相次ぐ中、この条例は本当に「住んでいる人を守る」という事で必要なものだと思います。
            設置義務開始日まで時間がある地域も有りますが、自分を守るものなので、早いという事はないと思います。


            値段も手ごろですし。お問い合わせいただければ取付まで致します。


            沢 田 木 工 建 設
            沢田建築設計事務所
            新築・増築改築・リフォーム・家具
            常総市・下妻市・つくば市・守谷市・つくばみらい市・坂東市
            2008.04.23 Wednesday

            軽く、リニューアル

            0
              鉄骨の部分が錆びたり、色あせてきたので




              塗装してみました。




              西側は、何にもなくてつまらないので、






              木の縦格子をあしらってみました。
              何屋さんかわかるように、ド〜〜ンと看板を付けて見ました。
              看板は、木製の手作りにペイントしました。
              字の大きさは1m80角くらいあるので、書くのが大変でした。



              格子の材料は、ウッドデッキなどにも使う、2×4材(防虫処理入り)をオイルステン2回塗りしたので、そこそこもつと思います。
              色は変わってくるけど、味が出てくると思うので、それも楽しみです。

              相変わらずピンボケです・・。


              沢 田 木 工 建 設
              沢田建築設計事務所

              新築・増築・リフォーム・家具
              (常総市・つくば市・下妻市・つくばみらい市・坂東市・守谷市など)



              2008.04.12 Saturday

              さくら

              0
                先日、つくばの現場打合せの帰り走行していると




                お〜満開だ〜。



                車で走行中「パシャリ」←止まって撮りましょう!



                あと一週間か二週間しか見られないんだよな〜。
                花見の時期ですね〜。



                しかし自分は、断然、花より団子です。
                外で飲むより、室内で・・。この時期って結構寒かったり、あと片づけが・・・。

                なので↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓で!!
                2008.02.29 Friday

                ライフプラン(人生設計)

                0
                  家を建てるのに一番の悩みは、やはり、資金的な事では?
                  一生涯の「収入」と「支出」のバランスを考えるのが大切です。

                  「子供の教育費」「生活費」「旅行」「車」「家電」「老後の生活資金」などなど生活していく上で必要なものです。

                  しかし、「これらのものがどのくらい掛かるか」「何時頃必要か」など、わからない人、漠然とこのくらいかな〜なんて感じの人がほとんどなんじゃないでしょうか?

                  ましてや、「家を建る」となれば、貯金するとかローンの事、早めに考え、準備した方がいいと思います。


                  そこで!この「ライフプラン」
                  上記に有るようなものをすべて入れて、自分の人生設計をしてみると、漠然としていた生涯の資金計画が、PCによる見やすいグラフ状になって現れてきます。


                  夢のマイホームの為にも、無理のない資金計画の為にも一度この「ライフプラン」をしてみるのをおすすめします。
                  知らないで、その時になって「ゲッ・・・」なんて事のないように。
                  *「数年後に家を建てたい」なんて人には最適です。

                  目標が出来ます!愕然とする事もありますが、「よ〜〜し!!」とやる気が出る方がほとんどです。


                  ↓ご興味のある方は↓

                  沢田木工建設
                  沢田建築設計事務所

                  新築・増築・リフォーム
                  (常総市・下妻市・つくば市・つくばみらい市・守谷市など)




                  2008.02.15 Friday

                  建築確認の耐震審査

                  0
                    国土交通省は2階建て以下の木造住宅について2008年末に導入する見込みだった耐震強度審査義務づけを先送りにする方針を決めた。

                    建築確認の厳格化で住宅着工件数が急減、新たな審査を増やせば再び混乱を深めないと判断したからです。

                    今までは、2階建て以下の小規模な木造住宅を建築する際、建築士による設計の場合は、耐震強度の審査を省略できる特例がありました。壁などの耐震強度が基準を満たしているかは、建築士の点検に負かしていた。

                    2005年の耐震偽装事件を受けて、建築基準法改正し、大型建築物の審査の強化とさらに、木造住宅の特例措置を撤廃し耐震審査を義務づけする方針だった。

                    しかし、今回の建築確認の厳格化の影響で、木造住宅の着工件数の急減や申請の混乱、倒産する会社も出てきてると言うこと、そこに特例措置の撤廃をしたら、混乱に拍車がかかるということで、2009年以降に先送りすることになりました。



                    確かにこれからは木造住宅の耐震に関する基準・審査は必要ですし大事だとは思いますが、国の方も混乱が起きないように考えて欲しいものです。以前のホルムアルデヒド関係での24時間換気や完了検査もどうなのか・・・なんて思ってしまいます。


                    沢 田 木 工 建 設
                    沢田建築設計事務所(新築・増築・リフォーム)設計・施工
                    2008.01.28 Monday

                    神の手

                    0
                      本当なのか、このようなメールが知り合いから届きました。「沖縄で何年かに一回現れる『神の手』という雲だそうです。幸せになって欲しい人、七人に送ると願いが叶うそうです。七人より多くなるのはいいそうです」



                      すごい。こんなの見たことない!
                      出来ることなら、家内安全、商売繁盛を願いたいものです。
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << March 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM